井崎英典の経歴、プロフィールは?バリスタ世界チャンピオンのコーヒーはどこで飲める?

こんにちは、トモミです(*‘ω‘ *)

井崎英典さんという人物をご存知でしょうか?

2020年6月19日(金) 2415分から

NHKで放送予定の

「逆転人生」に出演される

コーヒーバリスタの方です。

アジア初となるバリスタ世界王者

と紹介があったので、

井崎英典さんの経歴プロフィール

バリスタの仕事や大会について

気になったので調べてみたよ!

それでは行ってみよう~!

スポンサーリンク

井崎英典さんの経歴、プロフィールは?

出典元:http://qahwa.co.jp

【名前】井崎 英典(いざき ひでのり)

【生年月日】1990年3月

【出身】福岡県

【学歴】法政大学 国際文化学部国際文化学科、シェフィールド大学

【職業】コーヒーエヴァンジェリスト、バリスタ

井崎英典さんは中学時代に始めた、

バドミントンのスポーツ特待生として

高等学校に進学しますが、

「努力しても認められない」と挫折し、

高校を1年ほど通い、中退してしまいます。

高校を辞めてから、日雇いの仕事をして

ブラブラしていたある日、

コーヒー屋(ハニー珈琲)を経営していた、

父に「お前人生どうしたいんや」と聞かれ、

「わからん」と答えると「じゃあ、うちで働け」

と言われて、16歳のころから

コーヒー屋(ハニー珈琲)で働くことになったそうです。

そこで2、3年働いてから、

コーヒー業界はインターナショナルな業界で、

英語ができないと仕事にならないと気づき、

高卒認定を受け、さらに法政大学や

イギリスのシェフィールド大学

に留学まで行ってます。

一度社会に出て、実体験の上で

自分に必要なものを勉強していったのは、

高校を一度中退しているけど、

遠回りではなく、むしろ近道?と思いました。

スポンサーリンク

井崎英典さんが受賞したバリスタ世界チャンピオンとは?

バリスタとは元々はイタリア語で

「バールで接客をする人」を示すそうです。

酒類を扱うのがバーテンダー、

ノン・アルコール(主にコーヒー)を扱うのが

バリスタという区別がされているみたいです!

そのバリスタ世界大会ですが、

世界大会は各国から一人ずつ参加する形式のようで、

国内予選を突破しないといけないみたいです。

井崎英典さんは2012年に

ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ (JBC)で優勝し、

2013年に初めて

ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(WBC)に出場します。

そこでは成績は残せず、2013年にJBCで2年連続優勝します。

そして、2014年に再挑戦したWBCで、

アジア人初となるバリスタ世界チャンピオンになりました!

大会の概要を見てみると、

「15分間の制限時間内に3種類のドリンクを4杯ずつ」

とありました。

種類はこちらの三種類

  • 「エスプレッソ」
  • 「ミルクビバレッジ」
  • 「シグネチャービバレッジ」

味や香りだけではなく、

その過程を含めて提供するまでの全ての作業内容が

評価の対象になるようです。

15分で12杯作らなきゃいけないのに

動き全て見られながらって・・・。

私だと絶対手が動かない(笑)

スポンサーリンク

井崎英典さんが淹れるコーヒーはどこで飲める?

井崎英典さんは株式会社QAHWA(カフア)を設立しており、

コーヒー関連事業に関するコンサルティングや

教育や指導など、コーヒーに関する色々なことに

関わった仕事をしているようです。

年間200日以上海外にいることもあり、

井崎英典さん自身のお店はないようです。

井崎英典さんが淹れたコーヒーが飲めないのは残念ですが、

「マクドナルド」のコーヒーを監修しているようなので

井崎英典さんが厳選したコーヒーは味わえるようです!

知らずに飲んでいましたが、

私はマックのコーヒーは飲みやすくておいしいと思っていたので、

今回井崎英典さんが監修したものだと知って

うれしかったです(笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回は井崎英典さんについて色々調べてみました。

高校時代の挫折からコーヒーに向き合うようになって、

大きく人生が変わった方だなと思いました。

もともとお父さんがコーヒー屋だったことが

きっかけかもしれませんが、やはり努力がないと

WBCで世界チャンピオンになれなかっただろうし、

世界を飛び回ってコーヒー業界を

活気づけることも出来なかったと思います。

井崎英典さんのこれからの益々のご活躍とご繁栄を期待したいですね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする