野本良平(カンブリア宮殿)の経歴やプロフィールは?羽田市場社長の年収は?

こんにちは、トモミです(*‘ω‘ *)

野本良平さんという人物をご存知でしょうか?

テレビ東京で

2020年7月30日22時から放送される、

「カンブリア宮殿」に出演される予定の

羽田市場の代表取締役社長です。

2017年にも出演されていて、

「空輸」を活用した、

「超速」鮮魚流通を

実現させたことで

取り上げられていました。

今回また出演されるということだったので、

野本良平さんはどんな方なのか、

経歴プロフィール

年収など気になったので

いろいろ調べてみました!

それではいってみよう!

スポンサーリンク

野本良平さんの経歴とプロフィールは?

出典元:https://itogo.jp

【名前】野本良平(のもとりょうへい)

【生年月日】1965年11月23日(54歳)

【出身地】千葉県船橋市

【血液型】A型

【職業】羽田市場 代表取締役社長

野本良平さんは4人兄妹の

末っ子として生まれました。

実家は業務用食品を病院や学校等に

卸す問屋を営んでいましたが、

稼げないのを知っていた野本良平さんは

家業を継ぐ気は全く無く、

高校を卒業した後は

音楽の道に進もうとしていたそうです。

音楽だけをしていた野本良平さんに、

ご両親から禁止されていた車の免許を

取っていいと許可が出たので、

免許を取ると

トラックで商品を運ぶ仕事を

頼まれることになったそうです。

人手が足りなかったため

白羽の矢が立ったんでしょうね(笑)

さらに、仕事を手伝い始めてしばらく経つと、

父親が体調不良で倒れてしまい、

いよいよ仕事を抜けられなくなったそうです。

そんなことがきっかけで

始めた問屋の仕事に

ぜんぜん前向きになれずに、

給料は、楽器を買ったりパチンコをして

使っていたそうですが、

「こんなことをずっとしていられない」と、

すぐにスーツを買いにいき、

次の日からはスーツを着て、

態度も変えて

仕事をするようになりました。

それが次第に評判になり、

売り上げが上がると、

仕事も楽しく思えるようになっていったそうです。

しかし、真剣に仕事に向き合い始めると、

問屋という立ち位置に

疑問を感じるようになります。

野本良平さんの実家は、

商社等の一次問屋から

仕入れて卸す二次問屋だったそうで、

それが非効率に感じ、

いつかは、メーカーにならなければいけない

と考えたようです。

そんなある時、自社工場を持っている

得意先企業が倒産したため、

その工場を貸してもらうことになります。

最初は中国からタケノコを輸入し、

いろいろな用途にカットしたものを

コンビニやスーパーに

取り扱ってもらえないか

提案するとうまくいき、

そのおかげで売り上げは

どんどん上がっていきました。

そして、輸入先である

中国が行っている仕事に面白さを感じ、

実際に現地に足を運んでみたそうです。

すると、取引自体の規模は大きいものの、

中国の農家は非常に貧しいことがわかり、

なんとかこの状況を変えられない

だろうかと考えました。

しかし、この状況は中国だけではなく、

日本でも同じように

生産者が儲からないという

現象が起きていることに気づき、

その課題を解決するために、

買い手側の仕事を経験したいと思い

2006年に大手回転寿司企業に入社します。

その後も、自分の経験、知識のために

株式会社エー・ピーカンパニーという

飲食店を運営する会社に2008年に入社。

2013年に柿安本店に入社。

2014年 CSN地方創生ネットワークを設立。

2014年 羽田市場株式会社 代表取締役社長

となったそうです。

いろんな方面の視野や知識などを

取り入れるためにわざわざ

転職していたのを知って、

勇気と行動力のある人だと思いました。

奥さんもこんなに転職する旦那は

心配じゃなかったんだろうか(笑)

スポンサーリンク

野本良平さんが社長を勤める羽田市場とは?

出典元:https://sushi-kaneki.co.jp

羽田市場は漁師から直接魚を買い取り、

羽田空港で加工して店舗に卸している会社です。

通販を利用して

個人でも羽田市場

新鮮な魚を買うことができます。

羽田市場については

別記事で詳しく紹介していますので

こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

野本良平さんの年収は?

羽田市場の資本金は2億円となっていました。

資本金が1億円以上の

会社は全体の3%ほどしか

ないようなので、

企業規模は大きいですね。

もちろん企業規模が大きくなれば

給与もあがるようですね。

創立2年のときに年商26億円を

達成したこともある会社なので、

年収は4、5000万ほどはもらえる

のではないでしょうか?

しかし、野本良平さんは

自分の利益のためだけではなく、

社員や会社のことを考えている方だと

思うのでもしかしたら

年収は1500~2000万円ほどかもしれません。

私の予想は間をとって、

年商2500万円くらいだと思います。

あくまで予想ですが・・・。

スポンサーリンク

まとめ

今回は野本良平さんについて色々調べてみました。

実家が問屋だったからかもしれませんが、

流通システムに疑問を持ち、

無駄な部分や改善点などを

人生をかけて実際に解決した行動力は、

とても素晴らしいと思いました。

生産者を思う気持ちも

すごく熱い方なので、

実現できたんだと感じました。

野本良平さんのこれからの益々のご活躍を期待したいですね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする