大澤秀一(世界一のパン職人)の経歴とプロフィールは?パンコンテストで日本人初優勝!買えるお店はどこにある?【激レアさん】

こんにちは、トモミです(*‘ω‘ *)

大澤秀一さんという人物をご存知でしょうか?

2020年6月27日22時10分から

テレビ朝日で放送予定の

「激レアさんを連れてきた。」

出演予定の方です。

 どうしてもパン屋さんになりたくて

プレハブ小屋で開業したわずか2年後、

世界最高峰のパンコンテストで

日本人初優勝を達成した人

といえばこの人しかいないでしょう(笑)

世界一のパンを食べてみたい!

と思ったのでいろいろ調べてみたよ~。

それではいってみよう!

スポンサーリンク

大澤秀一さんの経歴やプロフィールは?

出典元:https://www.facebook.com

【名前】大澤秀一(おおさわしゅういち)

【生年月日】1986年

【出身地】群馬県高崎市

【学歴】群馬県立富岡高等学校

【職業】comme’N(コム・ン)のオーナーシェフ、パン職人

大澤秀一さんの実家は

高崎市吉井町にある、

パリジャン」というパン屋さんですが、

高校を卒業した大澤秀一さんは、

父親の元ではなく、

奈良県のパン屋さんでいちから技術を学びました。

その後、20歳から実家へ戻り、

父親のもとで技術を学びますが、

前橋市の農産物直売所から声がかかり、

25歳の時に独立します。

しかし、1年後直売所の撤退を機に、

大澤秀一さんの店も閉店に追いやられます。

他所への移転の話もあったそうですが、

さらにパンの技術を極めるために

いちから学びたいと、店をたたんで

兵庫県神戸市へ出発。

西川功晃が経営する、

サ・マーシュを目指しました。

18歳の頃、西川功晃さんの著作

『パンの教科書』を読み、

その技に憧れていて、西川功晃さんの元で

学びたいと思ったからだそうです。

西川功晃さんの元で2年修業した後、

自分の店を持とうと考えましたが、

思うような場所が見つからず、

食品メーカーの新商品開発や

アルバイトで生計を立てていたそうです。

そんな時に西川功晃さんに、

世界最高峰のパンコンテストである、

「モンディアル・デュ・パン」

応援ツアーに誘われたのをきっかけに

自分も挑戦したいと強く思ったそうです。

その後も修行しながら、

物件を探していたところ

ずっと応援してくれていた

「珈琲哲學」斎藤浩社長が、

声をかけてくれてオープンしたのが、

comme’N(コム・ン)という、

「珈琲哲學」の駐車場に設置された

プレハブのパン屋さんでした!

スポンサーリンク

大澤秀一さんが優勝したパンコンテストとは?

出典元:https://www.facebook.com

2年1回、日常パン・健康と栄養パン・ヴィエノワズリー・サンドイッチ・飾りパンなどの総合力を競う世界最高峰の国際製パンコンクールです。

また、25歳以上のシェフと22歳以下の若手パン職人がチームになって取り組む競技で、若手の育成を目的とした唯一の大会です。

コンクール前日に1時間、コンクール当日に8時間の準備時間が与えられ、その時間内に上記4種類の作品を作成する。

このパンコンテストは各国の代表が集まり、

フランスで行われているようです。

その世界最高峰のパンコンテスト

日本人初優勝を成し遂げたのが大澤秀一さんです。

出典元:https://pan-manabiya.com

こちらの写真の馬は大澤秀一さんが

流鏑馬(やぶさめ)をイメージして焼き上げたパンです!

飾りパン部門での作品ですが、

ここまですごいと思っていなかったので

驚きました!

他にもとてもきれいなパンたちが

並べられていました!

出典元:http://panjyoshi.jp

スポンサーリンク

大澤秀一さんの作ったパンを買えるお店はどこにある?

世界が認めた大澤秀一さんのパン屋は

「珈琲哲學」の駐車場だったので、

調べてみると、2019年12月末に、

移転のため閉店となっていました!

気になる移転先ですが、

東京世田谷区九品仏駅の前に移転されるようです!

オープンは8月頃とのことです!

群馬県民にとっては悲報かもしれませんが、

東京進出はcomme’N(コム・ン)にとって

うれしいことですね!

一度食べてみたいので、

オープンが待ち遠しいです(笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回は大澤秀一さんについて色々調べてみました。

パン職人である父親ではなく、

他店で修行し、技術を学び、

世界一になった大澤秀一さんは

自分に甘えず厳しい人なんだなと感じました。

周りの方にも恵まれているのは

そういう一生懸命なところを見ているからでしょうね。

大澤秀一さんのこれからの益々のご活躍を期待したいですね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする