高橋秀の経歴や年収、自宅やアトリエはどこにあるの? エロスの画家って何?【日曜美術館】

こんにちは、トモミです(*‘ω‘ *)

高橋秀さんという人物をご存知でしょうか?

2020年5月17日(日)9時45分からNHKで放送予定の

「日曜美術館」

に出演されるアーティストです。

経歴年収、自宅やアトリエの場所や

どこで展覧会をやっているのかなど

気になったのでいろいろ調べてみました!

それに「エロスの画家」という言葉が出てきたんだけど、
エロスを感じる作品とはどんなものか調査したよ~!
それではいってみよう!

スポンサーリンク

高橋秀の経歴と年収は?

出典元:https://endoreiko.com/

【名前】高橋秀(たかはししゅう)

【生年月日】1930年6月30日(89歳)

【出身地】広島県新市町(現福山市)

【職業】美術作家(絵画、版画、モニュメント、写真など多角的に制作。

【学歴】武蔵野美術学校 中退

高橋秀さんは今年90歳になる芸術家です。

8歳の時に父親を亡くして、中学卒業後は職が決まらずにいたようです。

19歳の時に母親の反対を押し切って、

武蔵野美術学校に入学しますが、

結局学費が払えずに中退することになりました。

21歳の時に独立美術協会の緑川広太郎宅に居候し、

制作の手解きを受け、

[第19回独立美術協会展](東京都美術館)

に《築地風景》を初出品し、初入選します。

22歳の時に東京都世田谷区玉川瀬田町に手作りの住まいを構えて、

田舎より母を迎えます。

また、[第20回独立美術協会展](東京都美術館)に

《画室》を出品し、入選します。

独立美術協会展には以後も出品し続け、

第30回まで出品を続けて、

数多く入選し、賞も受賞しています。

あまりにも経歴が長すぎるので、割愛します(笑)

31歳の時に

[第5回安井賞新人候補展](ブリジストン美術館)に《月の道》、

《海-渚》を推薦出品し、《月の道》で安井賞を受賞する。

33歳から74歳までイタリア・ローマに滞在し

制作活動を行っています。

64歳の時には紫綬褒章を受章し、

65歳から倉敷芸術科学大学教授に就任。

74歳の時にマルセン文化大賞、

75歳の時に山陽新聞社賞、

78歳の時に岡山県三木記念賞を受賞。

80歳の時に岡山県文化賞を受賞し、

81歳の時に倉敷芸術科学大学名誉教授となりました。

もう経歴が本当凄くて書ききれません!!

見ての通り、ずっと芸術に携わっている人生です。

当然のことながら、日本全国、欧米のギャラリー

国立美術館での個展などを精力的に行っています。

90歳という年齢に差し掛かっても

美術教室を行っていたり、

今も精力的に活動されています。

年収については正直わかりません。

美術教室の月謝が

子供6000円、大人8000円

となっているので、

単純に親子が10組いれば

14万円の収入になるので、

それだけで年収160万円ほどにはなります。

それ以前に企業からの依頼を

受けての制作や個展の開催、

ローマの画廊と作家契約を結んでいたり、

大学教授の肩書があったりと

芸術家として成功をおさめているので

今はそれほど収入がなくても大丈夫なのかもしれません。

スポンサーリンク

高橋秀は結婚して子供もいるの?

高橋秀さんには奥さんやお子さんはいらっしゃるのでしょうか?

実は先ほどの経歴紹介の時に敢えて書かなかったのですが、

28歳の時に藤田桜さんと結婚されています。

この藤田桜さんという方は

布貼り絵本作家で、

大妻女子大学を卒業後、

少女雑誌「ひまわり」の編集者として

過ごしました。

子ども向けの雑誌よいこのくにの表紙を

40年近く担当し、多くのファンに親しまれていました。

高橋秀さんと同じで藤田桜さんも芸術家なんです。

ただ、高橋秀さんはどこかに所属することなく

展覧会の出品を基本線にしていましたが、

藤田桜さんは会社に所属しながら

今でいうデザイナーのような形で

絵本に関わっていました。

高橋秀さんは画家の道に専念するために

藤田桜さんに両手をついて

「当分食わせてくれ」

と頼んだそうです。

ちょっと人によっては

離婚問題になりそうなお願いですね(笑)

でも、その藤田桜さんの献身的な支えがあったからこそ

今の高橋秀さんがあるんだと思います。

お子さんですが、

2人いらっしゃいます。

長女と長男がいて、

えりかさんと(あり)さんというそうです。

特に長男のさんは

ローマを活動拠点として

写真家として活躍しています。

血は争えないというか

両親の才能をしっかり受け継いでますね。

スポンサーリンク

高橋秀の自宅やアトリエはどこにあるの?

高橋秀さんの自宅は転々としています。

広島から出てきたあと、

東京都世田谷区玉川瀬田町に手作りの住まいを作ります。

その後、藤田桜さんとの結婚を機に

東京都世田谷区弦巻3丁目12-5に住居兼アトリエを新築します。

イタリアのローマに移った後は

Viale Giuseppe Mazzini,119のアパートに、

後にVia dei Giuochi Istmici,11に引っ越す。

41年間のローマ暮らしを引き上げ、

日本に帰国後は倉敷・沙美海岸に住まいを移しています。

今はそこでアート教室を開きながら

暮らしているようですね。

スポンサーリンク

高橋秀のエロスの画家って何?

高橋秀さんはエロスの画家と呼ばれています。

最初聞いたときに

ヌード作品を多く作っているのかと思いましたが、

実際に作品を見てみるとそんなことはありません。

なぜこの呼び名がついたのか謎でした。

抽象的な作品が多いのですが、

「エロス」を感じさせる

簡潔な曲線とフォルムが代名詞だからだそうです。

展覧会の様子の動画がありましたので、ご覧ください。

何とも言えない曲線美ですね~。

見方によってはあれに見える作品も何点かありましたね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回は高橋秀さんについて色々調べてみました。

作品の色使いが優しくて綺麗で実際に見てみたくなりました。

個展が開催されていたり、

また色々なところで作品制作を行っているいるので、

このコロナ問題が収まったら東京を散歩がてら回って

作品を探すのも面白そうですね!

高橋秀さんのこれからの益々のご活躍を期待したいですね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする